高齢者医療研修会

2017年2月25日、26日
名古屋市 座学形式・ワークショップ形式研修会開催
2017年6月14日、15日(学術集会開催時)
名古屋市 座学形式・ワークショップ形式研修会開催
申込受付開始が決まりましたら追って掲載いたします。

過去の開催情報

受講後の資料

高齢者医療研修会(日本老年医学会主催)・総合評価加算に係る研修会(全日本病院協会主催)を受講した方のために資料を掲載しています。
(※全日本病院協会主催の「総合評価加算に係る研修会」は、本会協力のもと「高齢者医療研修会」と同一のプログラムにて開催されています。)
また、高齢者診療におけるお役立ちツールにも高齢者の機能評価に関する書式を掲載しています。

院内研修用の資料(2016年4月更新)
資料1)
高齢者医療研修概要(遠藤英俊委員作成;2015年6月改訂版 座学テキストより)【PDF 1.03MB】
資料2)
高齢者総合的機能評価(鳥羽研二委員作成;2015年6月改訂版 座学テキストより)【PDF 1.60MB】
資料3)
急性期病院における退院後の介護サービス等を見越した取り組みの評価(厚生労働省HPより;2015年6月改訂版 WSテキスト)【PDF 461KB】
総合評価加算 算定に関する資料(2014年7月更新)
資料4)
総合評価加算 算定フォームの一例(A病院の場合)【PDF 381KB】

※総合評価加算の算定には、入院診療計画書に評価の結果を記載する必要があります。

スクリーニングについて

CGA7、介護予防の基本チェックリスト、簡易総合機能評価(長寿チェックリスト20)、総合評価加算 算定フォームの一例(A病院の場合)の2頁に記載されている「入院時スクリーニング」のいずれかを行い、問題があった項目については、健康長寿診療ハンドブックの7頁「次のステップ」に記されている指標を用いて詳細な評価を行う。すなわち認知機能に問題があれば、MMSEまたは長谷川式、意欲などに問題があればさらに詳しいGDS15などの検査を行うことを推奨します。

 CGA7、介護予防の基本チェックリスト、MMSE、長谷川式、GDS15は、それぞれ「健康長寿診療ハンドブック」6頁、7頁、135頁、136頁、140頁他に記載があります。
 簡易総合機能評価(長寿チェックリスト20)は、上記「資料1」の13,14枚目のスライドにあります。ご参照ください。