サマーセミナー

2016年 第10回老年医学サマーセミナーのご案内

医学部生、初期研修医対象に、最新の老年医学・高齢者医療を学ぶことを目的としたセミナーを開催いたします。
奮ってご参加ください。

■日時:
2016年7月28日(木)~29日(金) 1泊2日
(7月28日午後1時30分開始、7月29日午後3時30分終了予定)
■場所:
軽井沢プリンスホテル・ウエスト
■対象:
医学部学生(4年生~6年生)、初期研修医(1年目、2年目)
■定員:
16名
■主催:
日本老年医学会、国立長寿医療研究センター

■講義内容

<総論>
老年医学総論と展望 楽木宏実 大阪大学老年・総合内科学
高齢者の定義を考える 大内尉義 国家公務員共済組合連合会虎の門病院
<各論>
わが国における認知症対策について 鳥羽研二 国立長寿医療研究センター
高齢者とフレイル・サルコペニア 荒井秀典 国立長寿医療研究センター
ポリファーマシー対策と服薬管理 秋下雅弘 東京大学加齢医学
嚥下障害と誤嚥性肺炎に対するアプローチ 海老原覚 東邦大学医療センター大森病院リハビリテーション科
地域包括ケアを通じた高齢社会の創生 飯島勝矢 東京大学高齢社会総合研究機構
高齢者糖尿病の新しい治療戦略 荒木厚 東京都健康長寿医療センター
高齢者のエンドオブライフケア 会田薫子 東京大学死生学・応用倫理センター
筋肉の老化に関する分子メカニズム 重本和宏 東京都健康長寿医療センター
高齢者の転倒と骨折 小川純人 東京大学加齢医学
<演習>
ワークショップ「多職種協働を体験する」 東京大学加齢医学ほか

■申し込み方法
氏名、大学名(初期研修医は卒業大学、勤務病院名)、学年(初期研修医は卒業年度)、連絡先、宿泊施設の必要の有無、交通費・宿泊費援助の希望の有無を記入し、E-mailにて下記事務局へお申し込みください。
なお、希望者が16名を超える場合は、初めてご参加の方や所属大学に老年医学関連講座がない方を優先します。

<助成について>

  1. 1) 初期研修医のみ参加費10,000円をいただきます。現地でお支払いください。(学生は無料です)
  2. 2) 宿泊費は日本老年医学会が参加者全員に助成します。
    宿泊先は、軽井沢プリンスホテル・ウエストにご用意いたします。
  3. 3) 交通費は40,000円を上限とし、所属大学の所在地をもとに計算する最も経済的な交通手段とします。領収書に基づき実費精算いたします。
  4. ※セミナー終了後、領収書を必ず日本老年医学会事務局へご郵送ください。後日、指定口座に振り込みます。

2016年度 第10回老年医学サマーセミナー事務局(東京大学医学部附属病院 老年病科 小島太郎)
TEL:03-5800-8652(医局)
E-mail: geriatric-office@umin.ac.jp

過去の開催情報